recruit information

履歴書

 

履歴書は重要?

履歴書はとても重要な書類の1つです。
様々な会社には多くの履歴書が届きます。まず、最初の印象を決めるという意味では、「応募者の顔」といっても過言ではありません。
社会人になり転職をする際に、あまりにも転職の多い履歴書であれば印象が悪くなってしまうことも少なくありません。

履歴書の正しい書き方はある?

履歴書の正しい書き方はないと考えています。
一方で、履歴書に自由に記入すれば良いというわけではなく、もちろん最低限のマナーやルールはあります。
今回は履歴書を書く際に採用側からみる重要なポイントをお伝えします。

例文


「私は貴社の〇〇に魅力を感じ、応募しました。」

で終わっている文章があるとします。
この書き方は間違ってはいませんが、採用する側から見るとあまり印象には残りません。
なぜなら、ほとんどの応募者は何かしらの魅力を感じ企業に応募してきているからです。
ですので、採用側から見て大事なことは、応募者が「どこに魅力を感じているか」という点とだけでなく「どのように会社で活躍してくれるか」という点の2点が気になります。

1つの書き方としてあげられるのが、先ほどの例文に「私の長所である〇〇を生かし、貴社の〇〇に貢献します」と加えることです。
この1つの文章でどうやって活躍してもらえるか断然イメージしやすくなります。

面接時も同じ

この考え方は面接時に志望動機を聞かれた際も同じです。
面接で良くある質問の1つとして、なぜ応募しましたか?という質問がありますね。
2つ回答があるとします。

「私の志望動機は貴社の明るい社風に魅力を感じたからです。(省略)私が入社し、さらに活気溢れる会社にしていきたいと思います」

「私は貴社の明るい社風に魅力を感じ、応募しました。(省略)私も明るい会社で是非働たいと思います」

ではどちらが活躍するイメージが湧きますか?
明らかに前者ですね。

履歴書は就職活動をする上で、第一印象を決める重要なツールです。
「自分ならこう活躍できる!」というイメージをしっかり固め、就職活動に臨みましょう。

クロス動物医療センターグループでは、就職後の研修の1つとしてビジネスマナーを取り入れています。正しい言葉遣いやメールのマナーなどもしっかり学べる環境を整えています。
当グループに少しでもご興味がありましたらこちらからご応募下さい。