cross animal cancer center case report

肥満細胞腫のジャックラッセルテリアの1例

獣医師

腫瘍科 池田 雄太

はじめに

肥満細胞腫は犬の皮膚にできる腫瘍で最も多いものの一つである。組織学的な悪性度により低悪性度、高悪性度に分類されるが、多くは低悪性度である。今回 犬の大腿部にできた皮膚肥満細胞腫の症例を報告する。

症例

ジャックラッセルテリア オス 5歳
左の大腿部内側にできた皮膚腫瘤を主訴に当院を受診された。(図1

診断

体重6.3kg 体温38.0℃ 心拍数180回/分 呼吸数30回/分
一般状態   :良好
一般身体検査 :右大腿部に0.6㎝の皮下腫瘤あり。腫瘤は可動性があり、周囲との固着はなかった。
体表リンパ節:腫大なし
レントゲン検査:特記すべき異常所見なし
腹部超音波検査:特記すべき異常所見なし
血液検査   :異常所見なし

肥満細胞種腫
図1



細胞診:細胞質に豊富な顆粒を含む肥満細胞が多数採取された(図2

肥満細胞種腫
図2



診断:肥満細胞腫

治療

第7病日 手術を実施した。切除マージンは腫瘤より1.0cmと設定した。(図3〜5
麻酔は安定しており、覚醒も良好であった。当日退院となった。

肥満細胞種腫(手術)
図3



肥満細胞種腫(手術)
図4



肥満細胞種腫(手術)
図5



病理診断

肥満細胞腫 低グレード(Patnaik グレードⅡ)
完全摘出

考察

一般的な腫瘍は高齢動物に発生することがほとんどであるが、肥満細胞腫はまれに2~5歳などのような若齢動物にも発生することがある。また本邦のジャックラッセルテリアでは若齢で悪性度の低い肥満細胞腫が発生する個体が多い印象がある。
肥満細胞腫はその悪性度により予後や治療方針が大きく異なる。本症例では細胞診で悪性度が低く、リンパ節転移も認められなかった。犬の皮膚肥満細胞腫では、症例の情報、組織学的悪性度に応じた治療が重要である。



クロスどうぶつがんセンター
HPはこちらから