こんにちは! 主任動物看護師の阿片です。 今回は混合ワクチンについてお話をさせていただきます。 狂犬病についてはこちら から ノミマダニ予防についてはこちら から フィラリア予防についてはこちら から 犬の混合ワクチン接種とは感染症を予防するために重要な予防接種です。 無毒化もしくは毒性を弱めた病原体を体内に注入し、「抗体」を作ることで感染症を予防します。 体内に抗体を作ることにより、病原体に感染したとしても症状を軽くすることが可能となります。 当院では、6種及び8種混合ワクチンを取り扱っていますので、その2種類について説明させていただきます。 6種混合ワクチンでは下記のウイルスの対策ができます。 犬ジステンパーウイルス 犬パルボウイルス感染症 犬アデノウイルス1型(伝染性肝炎) 犬アデノウイルス2型感染症 犬パラインフルエンザウイルス感染症 犬コロナウイルス感染症 6種混合ワクチンは「コアワクチン」と呼ばれる全ての犬が接種すべき4種(上から4つ)に、犬パラインフルエンザウイルス感染症、犬コロナウイルス感染症ワクチンが追加されたものです。 コアワクチンに含まれる犬ジステンパーウイルス(CDV)、犬アデノウイルス(CAV)、犬パルボウイルス2型ウイルスはいずれも命に関わる重篤な感染症である、生活環境に関わらず子犬の時からの適切なワクチン接種が重要となります。 犬パラインフルエンザウイルス感染症は犬風邪とも呼ばれています。 犬コロナウイルス感染症とは、消化管にコロナウイルスが感染することで嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。成犬の場合、コロナウイルスに感染しても無症状であることが殆どですが、子犬の場合は重篤化しやすい病気です。 8種混合ワクチンでは、下記のウイルスの対策ができます。 犬ジステンパーウイルス 犬パルボウイルス感染症 犬アデノウイルス1型(伝染性肝炎) 犬アデノウイルス2型感染症 犬パラインフルエンザウイルス感染症 犬コロナウイルス感染症 犬レプトスピラ症(イクテロヘモラジー、カニコーラ) 犬の8種混合ワクチンは、6種混合ワクチンに犬レプトスピラ症(2種)を追加した混合ワクチンとなります。 レプトスピラ症は全ての哺乳類に感染する感染症であり、保菌している野ネズミなどの尿中に菌が排泄されます。 その菌に汚染された水を飲んだり、傷口から入り込んだりすることで感染します。 川沿いで散歩や水遊びをしたり、キャンプに一緒に行ったりする犬が感染しやすい病気です。 以上にようにワクチンを準備させていただいておりますが、犬のワクチン接種についてどれくらいの間隔で行うべきかご質問をいただくことも少なくありません。 犬の混合ワクチン接種を受ける間隔については毎年や3年間隔など様々な見解がありますが、当院ではワクチン予防接種を望まない方にも抗体価検査を受けていただくこともできます。 抗体価検査には採血が必要となるため、年に1度の健康診断の際などにその時点で愛犬が持つ抗体について調べることもできます。 ワクチン接種でお悩みの方がいらっしゃいましたら一度ご相談下さい。 主任動物看護師 阿片 https://camec-ad.jp