oncology disease

乳腺腫瘍

乳腺腫瘍とは?

女の子の犬では最も多い腫瘍の1つです。
どんな病気かというと乳腺の組織の一部が腫瘍化してしこりができる病気です。
しこりが小さいうちは良性のものが多く、ほとんどの場合手術で根治可能ですが、大きくなると悪性のものも出てきます。
特に未避妊の子に多く、気づいたら大きくなり、肺などに転移して来院されるケースもあります。
乳腺腫瘍の中にもいろいろな種類の腫瘍があり、悪性度や進行の度合いも個々の症例によって様々で、治療法や予後に関しても様々になります。

乳腺腫瘍の発生機序

乳腺腫瘍は、乳腺の細胞が女性ホルモンの影響を受けて増殖するうちに遺伝子変異などを生じて腫瘍化すると発生します。
つまり、幼いうちに避妊手術をすることで、乳腺腫瘍の発生を抑えることができ、避妊手術をしていない子では約4頭に1頭の割合で乳腺腫瘍が発生すると言われており、初回発情前に避妊すると、発生率は200頭に1頭と非常に低くなります。

乳腺腫瘍の種類

犬の乳腺腫瘍では良性の腫瘍 の方が多く、早期の切除で根治することがほとんどです。
確率的には、良性腫瘍が約50%、悪性腫瘍だけれども転移しにくく手術で根治可能なものが約25%、悪性腫瘍でかつ転移・再発の危険性の高いものが約25%の割合で存在します。
悪性のものに関しては肺やリンパ節に転移し、命に関わる危険性があります。

乳腺腫瘍の診断

乳腺腫瘍もしくは乳腺癌の確定診断は、手術で摘出した腫瘍組織の病理組織検査で決定します。
良性と悪性を見極めるのは難しく、術前に予想を立てることはできますが、術後の確定診断になります。
サイズが大きいからと言って悪性とは限らず、小さくても速いスピードで成長していく悪性腫瘍もあります。
どちらにせよ大きくなってくると動物たちのQOLを下げることもあり、早めの切除が望ましいです。

乳腺腫瘍の治療

乳腺腫瘍の治療には、外科手術による腫瘍の切除が第一選択となります。
転移していない段階の腫瘍では、手術によって根治することが多いためです。
手術時にすでに転移が見られた場合には、転移のあるリンパ節への放射線 治療や、全身的な抗がん剤治療や放射線治療を併用することも検討します。
また、避妊手術を同時に行うことによりほかの乳腺から新たな腫瘍が発生する確率を低減するメリットがあります。

以上のように乳腺腫瘍は気づいた時にはすでに大きくなり、大変な手術になってしまうこともあります。
腫瘍に対して有効な予防法は早期発見・早期対策になります。
健診により、動物たちの健康状態を定期的にチェックしていきましょう。

クロス動物医療センターグループ腫瘍科
腫瘍科について詳しくはこちらから

腫瘍科の最新情報・症例一覧はこちらから