dermatology disease

ノミアレルギー性皮膚炎



はじめに

今回は「動物のアレルギー」についてのお話です。
人間と同じように動物もアレルギーにかかります。
近年、アレルギーが増えていると言われていますが、もしかしたら獣医療の発展により今まで以上に発見しやすくなったのかもしれません。
ペットのアレルギーは皮膚炎として現れることが多く、ほとんどの場合、痒くなり、引っ掻くことで悪化します。
犬アレルギーはノミアレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、食物アレルギーの3つが多く、複数のアレルギー性疾患に同時にかかることもあります。

ノミアレルギー性皮膚炎の症状

ノミアレルギー性皮膚炎は、ノミの唾液にアレルギー反応を起こして発症する皮膚病です。
このアレルギーでは、ノミに1箇所噛まれただけでも、非常に痒くなります。
ノミアレルギー性皮膚炎にかかった犬は、背中、後ろ足、腹部、尾部を特によく痒がり、ペットの体表には、ノミやノミの糞(黒い点のようなもの)が見られます。

実は、寄生しているノミの数は、ペットが身体を常になめたり噛んだりしている様子から想像するより少ないことが多いです。それよりもノミの糞が多く見られます。

ノミアレルギー性皮膚炎の診断

ノミアレルギー性皮膚炎の診断について、まずはノミまたはノミの糞便の有無を行い、続いて掻き傷、皮膚のただれを調べ、判断します。

ノミアレルギー性皮膚炎の治療法

ノミアレルギー性皮膚炎の治療方法は主に2つで、ノミがペットを咬むことを阻止すること、ノミのいない環境を作ることです。

ノミを駆除するために、おやつタイプやスポットタイプのノミの駆除剤を定期的に投与します。 どの駆除剤が愛犬に適しているかは、ご相談下さい。

また、ノミは1匹いると100匹いるとも言われております。
家庭内もしくはペットにノミが見つかった場合はすぐにでもお部屋の掃除が必要になります。
最後にノミアレルギーの対策として、ノミの駆除剤をしっかり投薬すること、ノミのいない環境を整えることをしっかり行なっていきましょう。

東京動物アレルギーセンター
https://taac.jp

皮膚科の最新情報・症例紹介はこちらから